50代の自動車保険の節約術

50代の自動車保険の相場

乗用車の所有をする時に加入が義務付けられている自動車保険の費用は、年齢によって金額が異なります。50代の平均相場は車両保険ありで5万5千円前後です。一見すると高く感じるかもしれませんが、20代の保険相場16万円前後と比べると、10万円以上安く設定されています。50代の自動車保険が安い理由の一つは等級です。保険における等級は加入者の信頼度を表すバロメーターとなります。大半の保険会社が初回契約時は6等級からスタートさせて、保険の適用の有無で上下する仕組みです。保険料は等級に比例して金額が安くなり、一定の期間ごとに段階的に上がっていくので、運転歴が長くなるほど月々の負担が軽減されます。ただし、何らかの理由で保険の適用を受けると等級が下がるので注意が必要です。

保険料を安くするコツ

月々の自動車保険の負担を軽減する有効な手段の一つが使用目的の整理です。通勤や送迎、プライベートの旅行など、車を利用する目的は人によって違います。使用する頻度が少なければそれだけ事故を起こすリスクも少なくなるので、月に数回の買い物程度であればそこまで手厚い補償は必要ありません。車の利用状況に合わせて適切な補償を付けることが節約のコツです。同じ等級、補償内容でも保険会社ごとに金額は変わります。長期契約で適用される割引よりも、乗り換えの方が安くなるケースも珍しくありません。面倒だからという理由だけで同じ会社を利用し続けるのではなく、高いと感じ始めたら乗り換えを検討することも自動車保険の大事な節約術です。